世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

神降臨!ルクソール神殿に魅せられて

海外旅行

神降臨!ルクソール神殿に魅せられて
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

エジプト~歴史とミステリアスな雰囲気に惹かれる国~

ルクソール神殿に行ったことがありますか?

結構、昔からエジプトに憧れがあるんです

何でだか分からないんですが(笑)

以前、ニューヨークのメトロポリタン美術館へ行った時も

エジプト館だけで1日使ったほどです

なので、今度行こうと思っているルクソール神殿について

調べてみました

ルクソール神殿とは・・・

ルクソール神殿(ルクソールしんでん、英語: Luxor Temple)は、エジプトのルクソール(古代のテーベ)東岸にある古代エジプト時代の神殿複合体である。もともとカルナック神殿の中心を形成するアメン大神殿の付属神殿として[2]、エジプト第18王朝(紀元前1550-1295年頃[3])ファラオのアメンホテプ3世(紀元前1390-1352年頃[3])によって中心部分が建立された[1]。
神殿の後方には、アメンホテプ3世およびアレクサンドロス3世(紀元前332-323年[3])によって構築された祠堂がある[4][5]。ローマ時代には、神殿およびその周辺は軍の要塞となり、その領域はローマ政府の基地であった[6]。
アメン大神殿とはスフィンクスの参道で結ばれていた。神殿入口となる第1塔門の前には1対のラムセス2世(紀元前1279-1213年頃[3])の坐像、その手前にはオベリスク(高さ25メートル[7])が1本立っている[4]。オベリスクは本来左右2本あったが、右側の1本(高さ22.55メートル[7])は1819年[4]、フランスに贈られてパリに運ばれ、現在コンコルド広場にある[8]。

出典 http://ja.wikipedia.org

神秘的でステキ

ますます行ってみたくなりました!

脳内旅行は楽しい

次はどこへ行こうかな・・・

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
http://aff.celebritytrip.club/lp/855/743965

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ